main graphics
Image シンポジウム「国際刑法におけるニュルンベルク裁判と東京裁判の今日的意義」を開催いたします


ドイツ・ヨーロッパ研究センターは、東京判決70周年・国際刑事裁判所ローマ規程採択20周年を記念し、シンポジウム「国際刑法におけるニュルンベルク裁判と東京裁判の今日的意義」を開催いたします。


ポスターはこちらよりダウンロードいただけます。







日時:2018年11月17日(土) 13時30分~17時(受付開始12時30分)
場所:東京大学駒場キャンパスⅠ 18号館ホール
使用言語:日本語・英語(同時通訳付き)
無料・事前申し込み不要
主催:東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター
後援:ドイツ学術交流会・ドイツ連邦共和国外務省
問い合わせ先:desk@desk.c.u-tokyo.ac.jp

基調講演: ダーチュン・リュウ判事 (旧ユーゴ国際刑事裁判所上訴裁判部裁判官、国際法廷残余メカニズム裁判官、常設仲裁裁判所メンバー、 万国国際法学会メンバー、中国法政大学教授)
パネルディスカッション
司会: 石田勇治 (東京大学大学院教授)
ヴィヴィアン・ディートリック (International Nuremberg Principles Academy副所長)
戸谷由麻 (ハワイ大学教授)
デイヴィッド・コーエン (スタンフォード大学教授、人権と国際正義の為のWSD半田センター所長)
芝健介 (大阪経済法科大学(東京麻布台セミナーハウス)アジア太平洋研究センター客員教授、東京女子大学名誉教授)
総括コメント
林博史 (関東学院大学経済学部教授)



Image 第3回東アジアDAADセンター会議が開催されました

2018年10月4日(木)から8日(日)にかけて、韓国中央大学校ドイツ・ヨーロッパ研究センター(ZeDES) の主催により、第3回東アジアDAADセンター会議 (3. Ostasiatische DAAD-Zentrenkonferenz) が韓国・ソウルにて開催されました。
詳細はこちらをご覧ください。





Image 講演会を開催いたしました

ドイツ・ヨーロッパ研究センターは、ドイツ・ハレ大学歴史学部教授、Prof. Dr. Patrick Wagnerをお招きし、講演会を開催いたしました。詳細はこちらをご覧ください。
講演タイトル:
「Alte Revolutionäre in neuen Staaten. Parteiveteranen als Repräsentationen der NS- bzw. SED-Diktatur. Ein Vergleich」


日時:9月25日(火)17時~
場所:東京大学駒場キャンパスⅠ 18号館コラボレーションルーム3
使用言語:ドイツ語
司会:石田勇治




Image 佐藤公紀先生の講演会を開催いたしました

ドイツ・ヨーロッパ研究センターは、明治大学非常勤講師 佐藤公紀先生をお招きし、講演会を開催いたしました。詳細はこちらをご覧ください。

講演タイトル:
「AfDとドイツ政治の現在ー2017年連邦議会選挙と政党動向」

日時:9月18日(火)17時~
場所:東京大学駒場キャンパスⅠ 18号館コラボレーションルーム2
使用言語:日本語
司会:石田勇治




Image 研究会「日本から見たドイツ統一と朝鮮半島の将来」を開催いたしました

ドイツ・ヨーロッパ研究センターは、韓国学研究センターとの共催により研究会を開催いたしました。詳細はこちらをご覧ください。





研究会「日本から見たドイツ統一と朝鮮半島の将来」
日時:7月31日(火)10時~14時50分
場所:東京大学駒場キャンパスⅠ 18号館4階コラボレーションルーム3
使用言語:日本語
参加費:入場無料・事前申込制
主催:東京大学大学院総合文化研究科グローバル地域研究機構 韓国学研究センター
共催:東京大学大学院総合文化研究科グローバル地域研究機構 ドイツ・ヨーロッパ研究センター




Image Enrico Fels先生の講演会を開催いたしました

ドイツ・ヨーロッパ研究センターは、ボン大学グローバルスタディズ研究所講師Enrico Fels先生をお招きし、講演会を開催いたしました。詳細はこちらをご覧ください。

講演タイトル:
"Die strategischen Hintergründe der Nordkorea-Krise"

日時:5月24日(木)19時~
場所:東京大学駒場キャンパスⅠ 9号館315号室
使用言語:ドイツ語・英語
司会:平松英人




Image 映画『ゲッベルスと私』特別先行試写会&監督来日記念特別対談を開催いたしました

ドイツ・ヨーロッパ研究センターは、映画『ゲッベルスと私』のクリスティアン・クレーネス監督、 フロリアン・ヴァイゲンザマー監督の来日を記念し、特別先行試写会を開催しました。 詳細はこちらをご覧ください。



日時:2018年5月22日(火) 18:00~21:00 (開場: 17:30~)
会場:東京大学駒場キャンパスⅠ 18号館ホール
対談者:石田勇治(東京大学教授)
使用言語:ドイツ語(日本語字幕・通訳有り)
主催:ドイツ・ヨーロッパ研究センター(DESK)
後援:オーストリア大使館・岩波ホール・サニーフィルム




Image Eike-Christian Hornig先生、Enrico Fels先生の講演会を開催いたしました

ドイツ・ヨーロッパ研究センターは、ドイツ・ダルムシュタット工科大学政治学教授Eike-Christian Hornig先生と、ボン大学グローバルスタディズ研究所講師Enrico Fels先生をお招きし、講演会を開催いたしました。
詳細はこちらをご覧ください。

講演タイトル:
"Flüchtlinge und Rechtspopulismus in Deutschland und Westeuropa" (Hornig先生)
"Die Bedeutung von Input- und Output-Legitimierung für die VR China"(Fels先生)

日時:5月21日(月)13時~
場所:東京大学駒場キャンパスⅠ 18号館4階コラボレーションルーム3
使用言語:ドイツ語
司会:平松英人





ドイツ連邦銀行ヨハネス・ベーアマン理事による講演会を開催しました。

講演会の詳細はこちらをご覧ください。

講演者:Dr. Johannes Beermann (Member of Executive Board of the Deutsche Bundesbank)

講演タイトル:"Germany in Europe - Economic and Political Developments"

日時:2018年4月4日(水)18時30分 ~

使用言語:講演は英語、質問はドイツ語でも、英語でも可

会場:東京大学 駒場キャンパスKOMCEE East214教室



主催:東京大学大学院総合文化研究科附属グローバル地域研究機構ドイツ・ヨーロッパ研究センター
        (DESK)
        教養学部ドイツ語部会TLPプログラム



ニュース


  • European Fall Academy2018の募集は終了しました。

  • 2018年海外調査奨学助成金の募集は終了しました。

  • 2018年度欧州研究プログラム(ESP)への新規登録は終了しました。

  • センター定期刊行物『ヨーロッパ研究』第17号が発行されました。こちらのページからダウンロードが可能です。

  • センターNEWSLETTER最新号 No.26が発行されました。こちらのページからダウンロードが可能です。




このページの先頭へ