教育プログラム

ZDS-MA大学院修士課程・全学

ドイツ・ヨーロッパ研究センターでは、大学院修士課程の学生の学習・研究を促進するため、 独自の教育プログラム「ドイツ・ヨーロッパ研究修了証 : Zertifikat für Deutschland- und Europastudien in M.A. (ZDS-MA)」を設けています。 ZDS-MAプログラムに登録している人は、ドイツやヨーロッパに関する学習・研究を計画する場合にセンターの奨学助成金に応募できます。

・ZDS-MAプログラムは登録制です。奨学助成金も登録者のみの給付になります。
・中途からでも登録は可能ですので、お問い合わせください。
・主として社会科学の方法論に依拠して現代ドイツ・ヨーロッパについて研究する総合文化研究科修士課程の学生については 欧州研究プログラム(ESP)への登録を推奨します。

ZDS-MA登録

・2022年度新規登録受付中。
・ZDS-MA登録方法:ドイツ・ヨーロッパ研究センター事務室に事前連絡の上、登録用紙を提出してください(メール送付可)。

ZDS-MA(2021年度)登録用紙ダウンロード(Wordファイル)

ZDS-MA奨学助成金

・ドイツおよびドイツに関連するヨーロッパ研究に関する研究のための研究調査費を補助します。
・一ヶ月あたり425ユーロ(最長6ヶ月間)を支給します。
・募集要項、申請書は各種奨学助成金申請書類のページでダウンロードできます。

ZDS-MA規定

対象:修士課程(欧州研究プログラム(ESP)登録者を除く)

ZDS-MA修了証

ZDS-MA修了要件を満たし、課程を修了した者に対してZDS-MA修了証が授与されます。

ZDS-MA修了要件

1. ドイツ・ヨーロッパ研究センターの指定する科目を課程修了までに合計2単位以上取得すること。
2. ヨーロッパに関する修士論文を提出し、課程を修了すること。
3. 欧州研究プログラム(ESP)登録者と合同で開催される研究報告会に参加し、研究成果を報告すること。
4. 奨学助成金による研究調査の成果を生かして執筆した業績についてはドイツ・ヨーロッパ研究センターに提出すること。
   i) 修士論文ならびに修士論文要旨
   ii) その他、奨学助成金による研究調査の成果

これまでの採択課題一覧

2021年

・ポーランド民主化運動におけるドイツ関連言説の形成と展開
・政党の連合行動を中心とした制度的要因が西欧の政党システムに与える影響

2020年

・課税目的の情報交換要請に対する司法的統制:Berlioz 判決以後のEU 法 における展開を手がかりとして
・ドイツの大学における学位プログラムの質保証に関する研究 ―国家資格枠組み(NQF)と質マネジメントシステムの役割や機能を中心に―

2018年

・中欧の労働シオニストのパレスチナ入植と民族自治論の背景
・ヨーロッパ諸国の芸術・建築分野における理論と運動がドイツのモダニズムに及ぼした影響

2017年

・市民社会における移民・難民の住民自治参加のメカニズム

2016年

・認定難民及び難民認定申請者に対する市民社会の持続可能な受け入れ体制の現状と可能性
・ドイツ語の時空間表現
・1930-40年代ドイツの映画政策とその受容
・近代生物実験の系譜-シーボルトとカンメラ―から見る進化論との関係-
・世紀転換期ウィーンの治療ニヒリズム