センターの研究プロジェクト
TOP > センターの研究プロジェクト > 過去のプロジェクト:ヨーロッパ社会科学部門研究コロキアム

過去の研究プロジェクト
ヨーロッパ社会科学部門研究コロキアム

社会科学の方法論に依拠してヨーロッパ研究を行なう第一線の研究者によるコロキアム・シリーズ。次世代を担う大学院生にヨーロッパ研究の最先端にふれる機会を提供する。

2004年

  • 1月20日
    Laurent Van Depoele ルーバン大学(ベルギー〉教授:The Creation of a Single Market(1987-1992) and the Need for Economic and Social Cohesion

2003年

  • 10月30日
    Brigit Laffan ダブリン大学〈アイルランド〉教授:Enlargement and a New Constitution: Europe's Future

2002年

  • 2月4日
    Jaung Hoon 中央大学〈大韓民国〉助教授:The Rise of Multi-level Polity and Democracy in European Union

2001年

  • 12月12日
    戸蒔仁司 北九州市立大学法学部講師:共通外交安全保障政策(CFSP)の分析手法をめぐる研究動向について
  • 11月30日
    岩間陽子 政策研究大学院大学助教授:冷戦後のドイツ安全保障政策の変遷
  • 9月27日
    Anthony Forster 統合指揮幕僚大学〈イギリス〉防衛研究学科研究主任Britain and the European Union
  • 9月27日
    Reimund Seidelmann ギーセン大学〈ドイツ〉教授:Germany and the ESDP
  • 6月25日
    栗栖薫子 神戸大学国際文化学部助教授:バルカン地域における紛争予防活動について
  • 5月25日
    児玉昌己 長崎純心大学人文学部教授:サンテール欧州委員会の総辞職とEUの憲法政治
  • 1月26日
    八谷まち子 九州大学大学院法学研究科講師:EUの拡大とトルコ
  • 1月25日
    細谷雄一 北海道大学大学院法学研究科講師:「ヨーロッパ」は「EU」なのか?:"European Strategy for Space"をめぐって
  • 1月23日
    鈴木一人 筑波大学社会科学系国際総合学類講師
  • 1月16日
    川村陶子 成蹊大学講師:ヨーロッパ文化交流の方向性
  • 1月9日
    五月女律子 藤女子大学文学部講師:反EUグループとしての女性―北欧諸国を事例として

2000年

  • 12月15日
    仙石学 西南学院大学法学部助教授:ポーランドにおける政党システムと制度改革―EU加盟問題との関連で
このページの先頭へ