シンポジウム・研究会等の記録

駒場祭関連企画
シンポジウム「越境するヒロシマ―ロベルト・ユンクと原爆の記憶」

東京大学駒場IキャンパスKOMCEEレクチャーホール:会場
2014年11月23日(日)13:00〜16:30:日時
日本語:使用言語
総合司会
穐山洋子(東京大学助教)
趣旨説明
石田勇治(東京大学教授)

基調講演

ロベルト・ユンクとヒロシマ  
若尾祐司(名古屋大学名誉教授)

個別報告

日独の反核・平和運動とロベルト・ユンク
竹本真希子(広島市立大学講師)
日本の核武装問題と日独関係―1960年代後半―
マイク・ヘンドリク・シュプロッテ(ドイツ・ハレ大学講師)
米国から見たヒロシマ――統制と越境をめぐって
川口悠子(法政大学専任講師)

コメント
リプライ・ディスカッション