シンポジウム・研究会等の記録
TOP > シンポジウム等の記録>Dr. Isabel Kranz 講演会

Dr. Isabel Kranz
講演会「Sprache ohne Worte, Welt ohne Medien: Die Blumensprache als nostalgischer Code」

2014年10月18日 16時00分~:日時
東京大学駒場キャンパスI18号館4階コラボレーションルーム3:会場
ドイツ語:使用言語
無料、事前申込み不要:参加費
ドイツ・ヨーロッパ研究センター(DESK)日独共同大学院プログラム、
日本学術振興会科学研究費助成事業・基盤研究(B) (研究代表者:鍛治哲郎)「科学の知と文学・芸術の想像力ードイツ語圏世紀転換期の文化についての総合的研究」:主催

司会:
竹峰義和 (東京大学大学院准教授)
講演:「Sprache ohne Worte, Welt ohne Medien: Die Blumensprache als nostalgischer Code(言語のない言葉、メディアのない世界:ノスタルジー的なコードとしての花の言葉)」
Dr. Isabel Kranz (ミュンヘン大学、ドイツ研究振興協会(DFG)、大学院共同コロキウム研究員(PD) )