シンポジウム・研究会等の記録

国際シンポジウム 市民社会とマイノリティ

2014年3月14日(金)13時30分~17時30分(開場13:00)
会場:東京大学駒場キャンパスI 18号館ホール
日独同時通訳付 参加費無料/事前申込不要

[主催]
独立行政法人日本学術振興会・日独共同大学院プログラム(東京大学=ハレ大学)
東京大学大学院総合文化研究科附属グローバル地域研究機構(IAGS)
東京大学大学院総合文化研究科附属グローバル地域研究機構
ドイツ・ヨーロッパ研究センター(DESK)
日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)
「シンティ・ロマの迫害と「反ツィガニズム」に関する歴史学的研究」
総合司会:
梶谷真司(東京大学准教授)
挨拶・趣旨説明:
石田勇治(東京大学教授)

基調演説(13時40分~)

日本における部落問題―近現代の歴史をたどりながら  
黒川みどり(静岡大学教授)

個別報告(14時40分~)

司会:
石田勇治
スイスにおける市民社会とマイノリティ文化の排除
穐山洋子(東京大学助教)
ドイツの刑事警察・犯罪学とシンティ―エスニック・マイノリティの発見、捕捉そして迫害
パトリック・ヴァーグナー (ハレ大学教授)
日本人は「在日朝鮮人問題」をどう考えてきたか  
外村大(東京大学准教授)

コメント・総合討論(16時15分~)

司会:
石田勇治
コメント・総合討論:
田村円 坂井晃介(東京大学博士課程日独共同大学院プログラム登録生)
David Johst(ハレ大学PD)
Stefan Saebel(東京大学特任研究員)
平松英人(東京大学学術研究員