シンポジウム・研究会等の記録

国際シンポジウム ポスト3.11の日独市民社会

2012年3月11日(日)13時30分~17時30分(開場13:00)
会場:東京大学駒場キャンパスI 18号館ホール
日独同時通訳付 参加費無料/事前申込不要

[主催]
独立行政法人日本学術振興会・日独共同大学院プログラム(東京大学=ハレ大学)
東京大学大学院総合文化研究科附属グローバル地域研究機構(IAGS)
東京大学大学院総合文化研究科附属グローバル地域研究機構
ドイツ・ヨーロッパ研究センター(DESK)
総合司会:
石田勇治(東京大学)
挨拶:
長谷川壽一(東京大学大学院総合文化研究科長)
趣旨説明:
山脇直司(東京大学)

セッション1:報告(13時45分~)

今後の東北復興におけるNPO・ボランティアの課題と展望:宮城県内の仮設住宅コミュニティ支援を通じて  
内尾太一(NPO法人「人間の安全保障」フォーラム事務局長)
ドイツの原発事故報道を考える:韓・中・独・米4カ国報道比較調査結果より
林香里(東京大学)
フクシマに対するドイツ市民社会の反応
ラインホルト・ザックマン(ハレ大学)
ポスト3.11の市民社会と新しい公共
山脇直司

セッション2:総合討論・質疑応答(16時~)

コメント:
ゲプハルト・ヒールシャー(元南ドイツ新聞日本特派員)
司会:
山脇直司

震災と原発事故で亡くなられた方々のために地震が発生した14時46分に一同黙祷を行います。