シンポジウム・研究会等の記録

ドイツ現代史学会第34回大会

2011年9月17日(土) 14:00-18:00 (受付開始 13:30)
9月18日(日) 9:00-18:00 (受付開始 8:30)

会場:東京大学駒場キャンパスI 18号館ホール

参加費:一般2000円(院生・学生1000円)/要事前申込

【共催】
・日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)
市民社会と暴力、市民社会の暴力―ドイツ・ヨーロッパ近代史再考
・日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)
戦後西ドイツにおける「社会国家性」の歴史的展開-家族をめぐる「包摂」と「排除」
・日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(A)
近代世界におけるジェノサイド的現象に関する歴史学的研究
・東京大学大学院総合文化研究科附属グローバル地域研究機構
ドイツ・ヨーロッパ研究センター(DESK)

9月17日(土) 14:00-18:00 小シンポジウム
東西ドイツ社会の社会国家性―中間団体の視点から

問題提起:「第二次」ドイツ社会国家群?―― 社会国家の連続と不連続について
辻 英史(法政大学)
西ドイツ社会国家における民間福祉団体 -1950年代のカリタス連盟を例として
中野智世(京都産業大学)
旧東ドイツに中間団体は存在したか? -人民連帯の活動をめぐって
川越 修(同志社大学)
コメント:
金澤周作(京都大学)
司会:
辻 英史(法政大学)

9月18日(日) 9:00-12:00
若手フォーラム

「パン・ヨーロッパ」論における非ヨーロッパ
北村 厚(東京大学・研究生)
戦後ドイツの福祉政治
近藤正基(大阪市立大学)
国際刑事裁判所(ICC)・国際刑事司法をめぐるドイツの外交・司法政策
―「過去の克服」との連関を視野に入れて
福永美和子(東京大学)

13:30-18:00 シンポジウム                     日独同時通訳付
ドイツ近現代史における市民社会と暴力

導入:「文明化」と「野蛮化」?―ドイツ近現代史における市民社会と暴力
西山暁義 (共立女子大学)
ドイツ社会における暴力
ヘルムート・ヴァルザー・スミス(米国・ヴァンダービルト大学)
「自己への権限付与」としての民族共同体
ナチ・ドイツにおけるユダヤ人に対する日常的暴力
ミヒャエル・ヴィルト(ベルリン・フンボルト大学)
コメント:
木村靖二(立正大学)・一ノ瀬俊也(埼玉大学)
司会:
西山暁義(共立女子大学)・小野寺拓也(お茶の水女子大学・非常勤講師)