シンポジウム・研究会等の記録
TOP > シンポジウム・研究会等の記録 >日独共同大学院プログラム・シンポジウム 日独比較研究の可能性:市民社会の観点から

日独共同大学院プログラム・国際シンポジウム
日独比較研究の可能性:市民社会の観点から

2010.03.11 Th. 15:00~18:00:日時
東京大学駒場キャンパスⅠ 18号館ホール:会場

2010.03.12 Fr. 13:30~18:00:日時
東京大学駒場キャンパスⅠ 学際交流ホール:会場

日独共同大学院プログラム(東京大学=ハレ大学):主催
東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター(DESK):主催
日本語、ドイツ語(同時通訳有):使用言語

2010年3月11日(木):15:00 - 18:00

挨拶

セッション1: 日独の戦後史再考―市民社会研究の観点から

  Zwischen Abgrenzung und Verflechtung. Das doppelte Deutschland in den fünfziger Jahren (隔絶と相互連関:1950年代の二つのドイツ)
Jürgen Danyel(ポツダム現代史研究所)
  在日コリアンをめぐる問題から考える日本の戦後史
外村大(東京大学)
  日本におけるドイツ現代史研究の歩み― 一人称と「遅れ」意識のあいだ―
星乃治彦(福岡大学)
司会
石田勇治(東京大学)

2010年3月12日(金):13:30 - 18:00

セッション2: 市民と地方自治

  Kooperative Demokratie als Antwort auf Staatsversagen? Das Modell der Bürgerkommune im Vergleich
 (協力型民主主義は機能不全国家の対案になりうるか:市民自治モデルの比較)
Gesine Foljanty-Jost(ハレ大学)
司会
辻英史(東京大学)

セッション3: 社会再建のなかの過去

  日本における「過去の克服」の取組みの歴史と課題
林博史(関東学院大学)
  Vergangenheitsbewältigung und Nachbarschaft (過去の克服と隣国関係)
Michael G. Müller(ハレ大学)
  市民社会と他者:ドイツと日本における市民の「和解」イニシアティヴを事例に
小田博志(北海道大学)
司会
福永美和子(東京大学)

総括セッション

総合コメント
Manfred Hettling(ハレ大学)
石田勇治(東京大学)
司会
川喜田敦子(東京大学)/Tino Schölz(ハレ大学)