シンポジウム・研究会等の記録
TOP > シンポジウム・研究会等の記録 >学術シンポジウム 明治維新とプロイセン改革

日独歴史家会議プログラム
明治維新とプロイセン改革-日本とドイツにおける政治的・社会的・文化的変容

2009.09.18 Fr. 13:00~18:00:日時
2009.09.19 Sa. 9:00~18:00:日時
東京大学駒場キャンパスⅠ 18号館ホール:会場

東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター(DESK)、   
マインツ・ヨーロッパ史研究所(IEG):主催
ドイツ学術振興協会(DFG):後援
日本語、ドイツ語(同時通訳有):使用言語

2009年9月18日(金):13:00-18:00

ご挨拶

基調講演

「啓蒙・革命・戦争 ヨーロッパの時代の潮流としての革命」
Heinz Duchhardt(マインツ・ヨーロッパ史研究所)

第1セッション:日本とヨーロッパで変容はどのように認識されたか

「伝統主義と合理主義:1800年前後の改革をめぐる二つの道 」
Barbara Stollberg-Rilinger(ミュンスター大学)
「ヨーロッパにおける文化の伝統性と伝統の文化性」
Harald Kleinschmidt(筑波大学)
「日本における文化の伝統性と伝統の文化性」
Reinhard Zöllner(ボン大学)

2009年9月19日(土):9:00-18:00

第2セッション:19世紀初頭のプロイセン改革

「内からの視点 プロイセン改革における連続性と変革に関する考察」
Paul Nolte(ベルリン自由大学)
「プロイセン改革をめぐる日本の研究状況を振り返って」
山崎彰(山形大学)
「理念を巡る改革派の政治」
Walter Reese-Schaefer(ゲッティンゲン大学)

第3セッション:明治維新

「明治維新の史学史的考察」
三谷博(東京大学)
「明治初期の宗教改革・教育政策における復古と革新」
Michael Wachutka(テュービンゲン大学)
「伊藤博文は日本のビスマルクか?」
瀧井一博(国際日本文化研究センター)
「コメント」
波多野澄雄(筑波大学)

全体討論

このページの先頭へ