シンポジウム・研究会等の記録
TOP > シンポジウム・研究会等の記録 > 国際シンポジウム:「地域史」をどのように構想・叙述し、どのように教育するか

国際シンポジウム
「地域史」をどのように構想・叙述し、どのように教育するか―バルカンと東アジアの事例から

2007.11.17:日時
東京大学駒場キャンパスⅠ 18号館ホール:会場
「バルカン諸国歴史教科書の比較研究」プロジェクト:主催
東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻:共催
ドイツ・ヨーロッパ研究センター:共催
開会挨拶・趣旨説明
柴 宜弘(大学院総合文化研究科地域文化研究専攻長、ドイツ・ヨーロッパ研究センター)
閉会挨拶
西中村浩(東京大学大学院総合文化研究科副研究科長)
総合司会
山崎信一(東京大学)

第1セッション

南東欧国民史叙述の枠組みへの挑戦としての地域史―先例と展望
Diana Mishkova(ソフィア・先端研究センター)
市民権と国民を超えた歴史―バルカンにおける比較の視点から
Constantin Iordachi(ブダペシュト・中欧大学)
中台教科書にみる「国民史」の枠組み―現状・問題点・オルタナティヴ
Claudia Schneider(ライプツィヒ・ライプツィヒ大学)
司会
鈴木董(東京大学)

第2セッション

『日韓交流の歴史』に見る地域
君島和彦(東京学芸大学)
バルカン共通歴史副教材-成果と経験
Dubravka Stojanović (ベオグラード・ベオグラード大学)
日本の世界史教育における東アジア世界
鳥越泰彦(東京・麻布高校)
司会
木村 真(日本女子大学)

第3セッション

コメント
並木頼寿(東京大学)
李成市(早稲田大学)
川喜田敦子(東京大学ドイツ・ヨーロッパ研究センター)
司会
柴 宜弘(大学院総合文化研究科地域文化研究専攻長、ドイツ・ヨーロッパ研究センター)
このページの先頭へ