シンポジウム・研究会等の記録
TOP > シンポジウム・研究会等の記録 > 国際シンポジウム:ジェノサイド研究の最前線

国際シンポジウム
ジェノサイド研究の最前線

2004.03.27:日時
東京大学駒場キャンパス学際交流棟 学際交流ホール :会場
日本学術振興会「人文・社会科学振興のためのプロジェクト研究事業」領域II 「平和構築に向けた知の再編」「ジェノサイド研究の展開」:主催
DESK:共催
開会
木畑洋一(東京大学)
コーディネーター
石田勇治(東京大学)

第1セッション:アルメニア人虐殺

総力戦とジェノサイド?アルメニア人虐殺の諸側面
吉村貴之(日本学術振興会特別研究員・東京大学)
今なぜアルメニア人虐殺なのか?
Tessa Hofmann (ベルリン自由大学)
司会
福永美和子(東京大学)

第2セッション:第二次世界大戦下のジェノサイド/比較ジェノサイド

クロアチアと「民族浄化」
清水明子(東京外国語大学)
ナチ・ジェノサイド研究の最前線
Susanne Heim(マックス・プランク研究所)
比較ジェノサイド研究の射程
石田勇治(東京大学)
司会
井関正久(東京大学)

第3セッション:総合討論

コメンテーター
林 博史(関東学院大学)
黒木英充(東京外国語大学)
井上茂子(上智大学)
司会
川喜田敦子(東京大学)
このページの先頭へ