シンポジウム・研究会等の記録
TOP > シンポジウム・研究会等の記録 > 国際シンポジウム:もう一つの眼で見る東アジア(セッション3)

国際シンポジウム
もう一つの眼で見る東アジア(セッション3)

東アジア四大学フォーラム全5セッションのうち、第3セッション"The Crisis of Europe - Implications and Impacts"がDESKの企画によるシンポジウムとして開催された。

2003.11.07:日時
東京大学駒場キャンパスⅠ 学際交流棟 学際交流ホール :会場
東アジア四大学フォーラム東京会議2003:共催
DESK:共催

The Crises of Europe - Implications and Impacts

ヨーロッパの危機―そのインプリケーションと影響
植田隆子(国際基督教大学、DESK客員教授)
「ヨーロッパ・アイデンティティー」の国際政治におけるアクチュアリティー
陳 洪捷(北京大学)
ヨーロッパ連合と国民国家:東アジア的視点から
朴 明圭(ソウル大学)
EUの新アジア戦略とベトナムのASEM参加
Vu Duong Ninh(ベトナム国家大学ハノイ校)
司会・コーディネーター
森井裕一 (東京大学、DESK運営委員)
ディスカッサント
上原良子(フェリス女学院大学、東京大学客員助教授)
水島治郎(千葉大学、DESK客員助教授)

2003年11月7-8日にかけて「東アジア四大学フォーラム」が東京大学にて開催された。東アジア四大学フォーラムは、北京大学、ソウル大学校、ベトナム国家大学ハノイ校、東京大学の四大学による知的交流の場である。1999年秋に駒場で初めて開催されて以来、2000年の北京会議、2001年のハノイ会議、2002年のソウル会議を経るなかで、研究と教育の両面にわたり、東アジア四大学の協力の可能性を追求してきた。2003年の東アジア四大学フォーラムは再び東京に戻り、「もう一つの眼で見る東アジア」をテーマに開催された。

このページの先頭へ