シンポジウム・研究会等の記録
TOP > シンポジウム・研究会等の記録 > 国際シンポジウム:「バルカン」―ヨーロッパを考えるひとつの視座

国際シンポジウム
「バルカン」―ヨーロッパを考えるひとつの視座

2003.03.29:日時
東京大学駒場キャンパスⅠ 数理科学研究科棟 大講義室:会場
ドイツ・ヨーロッパ研究センター:主催
開会挨拶
臼井隆一郎(DESK運営委員長)
コーディネーター
柴 宜弘(DESK運営委員)

第1部:ヨーロッパ現代史におけるバルカン―バルカンとはなにか

Balkan Family, Culture and Identity in the Process of Modernisation 
Karl Kaser(グラーツ大学)
Memory, Identity and Historical Legacy as a Categories of Analysis in the Balkans
Maria Todorova(イリノイ大学アーバナシャンペイン)
The Slovenes, the Western Border of the Balkans and the Balkans in the 20th century (A contribution to the historical meta-geography of the Balkans)  
Peter Vodopivec(リュブリャナ現代史研究所)
コメンテーター
柴 宜弘(DESK運営委員)
司会
Harald Kleinschmidt(DESK客員教授)

第2部:バルカン現代史における暴力の問題

The Balkans as a "History of Violence"? 
Wolfgang Höpken(ゲオルク・エッカート国際教科書研究所、ライプツィヒ大学)
Violence in Balkan history
Mark Mazower(ロンドン大学バークベックカレッジ)
コメンテーター
小沢弘明(千葉大学)
司会
石田勇治(DESK運営委員)

全体討論

コメンテーター
アンドリュー・ゴードン(ハーヴァード大学、東京大学客員教授)
木畑洋一(DESK運営委員)
司会
柴 宜弘(DESK運営委員)
このページの先頭へ