シンポジウム・研究会等の記録
TOP > シンポジウム・研究会等の記録 > 国際サッカーシンポジウム:グローバルキック

国際サッカーシンポジウム
グローバルキック―異文化体験としてのサッカー・ワールド・カップ

2002.05.25:日時
東京ドイツ文化センターホール:会場
ドイツ・ヨーロッパ研究センター:主催
ゲーテ・インスティトゥート東京:共催
司会
Ulrich Heinze(DESK運営委員)
臼井隆一郎(DESK運営委員長)
ディスカッサント
岡田がる (マンガ家)
ワールド・カップ 韓国・日本―文化史的前置き
臼井隆一郎(東京大学 教授)
蹴鞠―日本のたまごころ
渡辺 融(東京大学 名誉教授)
サッカー・ジェンダー・メディア消費―日本とドイツの視聴率比較
粂川麻里生(上智大学 講師)
サッカー・テレビ・技術
Ralf Adelmann(ボフム大学映画テレビ学研究所)
Markus Stauff(ボフム大学映画テレビ学研究所)
サッカーとリスク資本主義
Rainer Vowe(ボフム大学、歴史学)
グループ・テクノロジーから見たサッカー戦術の歴史的変遷
熊谷貞俊(大阪大学 教授)
ポストモデルネのサッカー―アイデンティティ・自己世界・備品化
Arnd Krüger(ゲティンゲン大学スポーツ科学研究所)
サッカーと地域社会
傍士銑太(日本経済研究所)
国民統合のシンボルとしてのサッカー―ブラジルの場合
細川周平(東京工業大学 教授)
このページの先頭へ