シンポジウム・研究会等の記録
TOP > シンポジウム・研究会等の記録 > フロベール・シンポジウム:書くことの旅と誘惑

フロベール・シンポジウム
書くことの旅と誘惑

2000.11.24:日時
東京大学駒場キャンパス 数理科学研究科棟 大講義室:会場
教養学部フランス語部会主催:主催
DESK:共催

シャルルの死
菅谷憲興(立教大学)
聖書とオリエント
工藤庸子(東京大学)
オリエントの誘惑―フロベール、マクシム・デュ・カン、「オリエント旅行記」
小倉孝誠(都立大学)
フロベールと演劇―「ブヴァールとペキュシェ」の芸術創造を通し
柏木加代子(京都市立芸術大学)
「感情教育」第三部五章に関する覚え書き
松澤和宏(名古屋大学)
ヴォルテールの悲劇を読むフロベール
金 容銀(大韓民国江原大学)
ミメーシスと模倣
Jacques Neefs(パリ第8大学)
《しかし彼女の手は美しくはなかった》―「ボヴァリー夫人」の説話的・主題的形式に関する考察
蓮實重彦(東京大学)
このページの先頭へ