センター刊行物
TOP > センター刊行物 > 書籍:現代ヨーロッパの社会経済政策

書籍
現代ヨーロッパの社会経済政策

廣田 功 編
日本経済評論社(2006年)
両大戦期から戦後復興、高度経済成長を経て、現在にいたるまでのヨーロッパ各国の社会経済政策を、 教育、福祉、金融などのさまざまな側面から詳細に考察した一冊。
木畑洋一編『ヨーロッパ統合と国際関係』の姉妹書

第Ⅰ部 ヨーロッパ統合の歴史的展開

第1章 両大戦間期から戦後復興期へ
秋富 創
第2章 戦間期フランスにおける高等技術教育の課題と対策
松田紀子
第3章 戦後イタリア経済の基盤構築
伊藤カンナ
第4章 ヨーロッパ統合構想の展開とフランス経済学(1920-40年)
廣田 功

第II部 戦後復興期から高度経済成長期へ

第5章 1949年ポンド切り下げと英欧関係の転換
工藤芽衣
第6章 戦後フランスの農業政策とヨーロッパ統合(1945―57年)
廣田愛理
第7章 西ドイツの社会給付改革と東ドイツの社会保険
福澤直樹

第III部 現状分析

第8章 ヨーロッパ統合と文化政策
岸 清香
第9章 ヨーロッパ地域政策と「ヨーロッパ化」
伊藤 武
第10章 スウェーデン高齢者福祉における伝統と革新
石原俊時
第11章 現代ドイツにおける「社会的市場経済」の変容
石井 聡
このページの先頭へ