センター刊行物
TOP > センター刊行物 > 書籍:カール・シュミットと現代―秩序・政治・例外・神話

書籍
カール・シュミットと現代―秩序・政治・例外・神話 

臼井隆一郎 編
沖積舎(2005年)
すべての境界を液化するグローバリズム
敵と友・主権・戦争・決断
ドイツ・ヨーロッパ問題の場所確定
秩序・政治・例外・神話

Ⅰ 秩序

決定と至高性
アレクサンダー・ガルシア・デュットマン  小森謙一郎訳
レヴィヤタン解剖―イメージ・表象・身体
田中 純
カール・シュミットと終末論
長尾龍一

II 政治

国際関係論の理論家としてのカール・シュミット
ハラルド・クラインシュミット  川喜田敦子訳
構成的権力論と反ユダヤ主義―力と法をめぐるシュミットとスピノザの邂逅
柴田寿子
シュミットの正戦論批判再考
古賀敬太

III 例外

内戦:政治的絶対―シュミットとホッブズ
山田広昭
法の外
ギル・アニジャール  藤岡俊博訳
シュミットとアーレントのあいだ―もしくは敵なき例外状況
増田一夫

IV 神話

ノモスとネメシス―シュミットとバッハオーフェン 文献学的関心から
臼井隆一郎
名-乗る―カール・シュミットにおける名の理論に向けて
トーマス・シェスタク  磯忍訳
救済を詩的言語に求めて―カール・シュミットと文学
ガブリエレ・シュトウンプ  臼井隆一郎訳

特別寄稿

シュ・ダオリンによるシュミットの批判的受容
松平徳仁
ラクー=ラバルト/カール・シュミットあるいは反復されるドイツ
大宮勘一郎
このページの先頭へ